歴史的にネパールは二十年ほど人材派遣を行ってきました、ネパールの労働者は誠実で献身的、信頼的、真面目で一生懸命であると認識されています。彼らは親切待過に見事に応え応じます。又同時に自導心も持っています。彼らはヒンズ教、イスラム教、仏教、キリスト教それぞれの宗教、遺産と文化に誇りを持っています。

彼らは飲み込みが早く、技術習得意欲もあるため生産性を高めることができる。

彼らは天候にも社会環境にも順応することができる。
政府との協力と共にネパール人の労働者は特に精神面と健康面に中東又は西洋の国に支持されています。
ネパール人労働者のパフォマンスは中東の国々において真面目さ、勤勉さの面で保証されています。実際、彼らは我々が誇る実績を挙げ続け、雇用者にネパールが際立った労働力持つ国であること認められている。

位地  :南アジア中国とインドの間に
地形座標:28.0N, 84.0E
地図参考:アジア
合計面積:174,181SQ(土地143,181SQKM水地4000sqKm)
割合面積:日本の3分の一
気候  :多様の気候・北部の夏は涼しく・冬は厳しい寒さ・南部は亜熱帯林で
     冬も暖かい。
開墾地 :南にはガンジス川と平地、中央部には丘掕地、
     北にはヒマラヤ山脈があります。

     それ以外地理的、環境的に異なる資源を有する。



ヒマラヤ地域の人々


                                           ヒマラヤ地域に住む人々は勇敢、誠実、忠実、 強健の体、真面目な性格で あり警備職に最適ある。

山沿いに住む人々

                    山沿いに住む人々はカトマンズ又はポカラのような大都市も含めて 沢山の町又は観光地に高レベルの教育と専門知識を持ち,高レベルの サービス接客業においてプロ級の労働力を持つ人がいる。

タライ平地の人々


ネパールのタライ平地は暑さは厳しく、厳しい暑さにも順応できる。多くの人々は農家であり、野外の仕事に適切である。